長嶋茂雄と一茂

長嶋茂雄と一茂 - 長嶋一茂について

長嶋一茂について

長嶋茂雄と一茂

長嶋一茂は長嶋茂雄の長男として1966年に生まれました。

「父親と同じ立教で野球をやりたい」と、現・立教新座高等学校に進学して甲子園を目指しますが残念ながら出場はできませんでした。

その後、父である長嶋茂雄と同じく立教大学で野球をし、東京六大学リーグで、4年生の時に2季連続ベストナイン(三塁手)に選ばれています。

プロ野球では、父である長嶋茂雄と同じく巨人かと思われましたが、ヤクルトに入団。

入団当初はその優れた身体能力から注目を浴びますが、精神的なもろさから出場機会が減少し、その後、金銭トレードで長嶋茂雄が率いる巨人に入団します。

しかし、入団から3年、父であり監督である長嶋茂雄から「お前は来年の戦力構想に入っていない」と戦力外通告を受けてしまい、他球団からの誘いもあったようですが、結局、その時引退してしまいます。



プロ野球での活躍の違いからか、どうしても長嶋一茂と父である長嶋茂雄の間には確執があるのではということが何度も取りざたされています。

特に、長嶋茂雄が脳溢血で倒れて以降は、メディアでの対応などで、家族間で大きなすれ違いが起こり、長嶋一茂と長嶋茂雄との間でも、口論が絶えなくなってしまったようです。
【Sponsored Links】