長嶋一茂

長島一茂と落書き - 長嶋一茂について

長嶋一茂について

長島一茂と落書き



長嶋一茂さんと落書きの件は、多くの人が衝撃を受けた事件ですよね。
都内にある当時新築だった長嶋一茂邸の外壁に、「バカ息子」や「アホ」といった中傷が落書きされる事件が起きましたと話題になったのは2014年ですが、実はこの事件が起きたのは2012年末のことです。
これは、週刊誌が2014年8月下旬に記事を載せた為に、遅れて騒動となったというわけです。

記事によると、女優の江角マキコさんの元マネージャーが関与しているようです。
実際、元マネージャーは警察の事情聴取を受けていて、元マネージャー独断の犯行だとされています。
そして、江角マキコさんへも事情聴取が行われていたそうで、江角マキコさんも謝罪文を発表しています。
しかし、本当は江角マキコさんが元マネージャーにスプレー代10万円を渡し、指示して外壁に落書きをさせたとも言われていて、真相は定かではありません。

もし、江角マキコさんが指示したのであれば、なぜ落書きするまで嫌がらせをするのでしょうか。
これには、江角マキコさんと長嶋一茂さんのお子さんが、ともに青山学院の小学校である、青山学院初等部に通っていることから始まっているようです。
幼稚園時代からの付き合いだったらしいのですが、ある頃から関係が悪化してグループが対立し、落書きをさせたという噂があります。
他には、長嶋家のお子さんがイジメの主犯で、江角さんの娘さんをイジメていたなど噂はさまざまです。

何にせよ、落書きはいけない事ですし、いじめもよくありません。
子供が関わることですので、根も葉もない噂が広がるのも本人達がかわいそうです。
もし、本当に子供の為を思うなら、ママ友グループの対立ほど悪影響を及ぼすものはありません。
【Sponsored Links】