長嶋一茂

長嶋一茂の兄弟について - 長嶋一茂について

長嶋一茂について

長嶋一茂の兄弟について



その生き方に幾多のファンが感銘を受け、いまなお伝説のひととして慕われる長嶋茂雄元監督。
サラブレッドの二世というと長嶋一茂さん、長島美奈さんの2人でしょう。
メディアでの共演はほとんどないため、お2人が兄弟であることを知らないという方も多いかもしれません。

長嶋一茂さん自身のこと、そして妹美奈さんについて、まとめました。

■長嶋一茂さんについて
長嶋一茂さんはご存知の通り、プロ野球読売巨人軍の終身名誉監督である長嶋茂雄さんの息子さんです。
かつてはプロ野球選手として活躍もされ、現在は活躍の幅がとても広くなっています。
スポーツキャスター、タレント、俳優としての顔も。
野球界へのポジションとしては読売ジャイアンツの野球振興アドバイザーの立場を取られています。

生まれは1966年、1月26日。
現在49歳でいらっしゃいます。

長島一茂さんは、4人兄弟の第一子で、ご自身の他に妹2人と弟が1人います。
今でこそ4人兄弟というと多い!という印象を受けますが、当時としては普通だったのかもしれませんね。
ご兄弟と両親という家族構成の中で育たれました。

生まれた順番は「一茂→一般人の長女→長島美奈→長島正興」。
名乗っている苗字が一茂は「長嶋」、美奈・正興は「長島」と異なっています。
これはあまり知られていないことでしょう。

■長島美奈さんについて
妹の長島美奈さんは1968年6月3日生まれです。
田園調布雙葉中学校・高等学校、日本大学文理学部哲学科を卒業し、1991年にテレビ朝日に入社されました。

テレビ朝日ではスポーツ局に勤務し、スポーツキャスターとして数々のスポーツ番組に出演された経歴をお持ちです。
特に甲子園の大会期間中に放送される番組「熱闘甲子園」では司会者として、1998年から1999年、2001年から2013年と合計15年間もの経験があり、その取材ぶりには定評があります。
高校球児の憧れの的が美奈さんだったのでは、と思います。
筆者自身も、高校時代には美奈さんのレポートを見る時間が楽しみでした。

またテレビ朝日に勤務している傍ら、父の長嶋茂雄さんの個人事務所「株式会社オフィスエヌ」の代表取締役を務めていらっしゃいます。
方々で活躍なさってきた美奈さん。 2014年1月31日付でテレビ朝日を退社し、2015年2月現在はフリーで活動されています。

■弟・長島正興さんについて
美奈さんと一茂さんには、一般人のご兄弟があと2人いらっしゃいますが、世の中に名前が公開されている 弟さんとして長島正興(ながしままさおき)さんがいらっしゃいます。
正興さんは1970年9月26日生まれ。
元レーシングドライバーです。



暁星国際高等学校、駒澤大学経済学部経済学科に入学されたのですが、 大学在外中にレーサーデビューし、全日本GT選手権(後にSUPER GT)への参戦や、海外のレースにも参戦していました。

ここまでお読みいただいてお分かりかと思いますが、一茂さんのご兄弟は実に多彩。
皆さんはかわいらしい外見もあり、スポーツに「解説者」「アナウンサー」というお立場でかかわられて来られました。
親の七光りという古いことわざもありますけれど、それぞれが才能を光らせて世の中に出ていらっしゃるんですよね。
ちなみに、正興さんのエピソードですが、レーサーになろうと思ったきっかけは父、長島元監督がインディ500(アメリカのレースイベント)のゲスト解説の仕事の際に、お土産でもらったグッズを見て興味を持ったのが最初だったようです。

野球に仕事にとどっぷりと忙しい日々を過ごしてこられたに長嶋元監督、しっかりと「お土産をくれるパパ」としての 暖かな顔も持たれていたようですね。
そのあと、正興さんはご自身の経験と考えから方向変換され、レーシングドライバーは引退。
2008年以降、環境問題の研究に従事されています。
このほか、一般人のご兄弟がもうお一人いらっしゃいますが、 各々、違う分野で活躍される長嶋家です。

親と同じ道を歩む子もいれば、みずからの道を切り開いて進む子もいます。
プロ野球の名監督という親を持ったとき、自分に何ができるかと考えて常に動かれてきたのではないでしょうか。

そのプレッシャーは生半可なものではなかったに違いありません。
人の性格や要素は親からのものが50%、環境25%、自分だけの元々の要素が25%と言われています。

長嶋家の子息ではない私達も、そのことを頭に入れて生きていけばより自分のことがわかるようになるのかもしれませんね。
【Sponsored Links】