キャスター時代

キャスター時代 - 長嶋一茂について

長嶋一茂について

キャスター時代

長嶋一茂さんは、プロ野球選手を引退後、スポーツキャスターや俳優業として各テレビ局のスポーツ番組で活躍してきました。

1997年から1999年のフジテレビの『プロ野球ニュース』を皮切りに、日本テレビでは、『スポーツMAX』での出演、さらに2000年から2002年には『独占!!スポーツ情報』にて司会を担当し、2005年から2006年9月まで『スポんちゅ』に出演しています。

特に、スポーツキャスターとしての知名度がアップしたのは、K-1での仕事でしょう。

もともと、格闘技好きで、極真空手の段も持っており、アマチュアの大会などにも出場した経験があるそうです。そのためか思ったよりしっかりと解説というか分析ができているなという印象を受けました。

逆に野球の解説よりもうまいかもしれません。



その後、日本テレビ、フジテレビだけでなく、テレビ朝日の『報道ステーション』、TBSのはぴひる!など、キー局すべてに出演する人気タレントに。

いまではキャスターとしてだけでなく、バラエティへの出演やドラマなどにも俳優として出ています。

プロ野球では父親よりも大きな結果を出せなかったかもしれませんが、一茂には、長嶋茂雄よりもタレントとしての才能があったのかもしれません。
【Sponsored Links】