バラエティへの出演

バラエティへの出演 - 長嶋一茂について

長嶋一茂について

バラエティへの出演

長嶋一茂は、スポーツキャスターとして様々なスポーツ番組で活躍してきましたが、それだけにとどまらず、バラエティやドラマなどでも俳優として出演するようになってきました。

バラエティで特に人気を博したのが『さんまのSUPERからくりTV』で西村知美や浅田美代子とならぶほどの天然ボケっぷりです。

確かにプロ野球時代のインタビューやキャスターのときの受け答えの時も、非常に素っ頓狂な話しっぷりをしていましたが、バラエティで一気に開花したようです。

さらに、天然ボケキャラだけでなく、「俺はバカ息子と言われるけど、日本全国二世・ジュニア・バカ息子だらけ」というような長島だからこその自虐ネタも。

最近はバラエティー番組よりも俳優業として映画などへの出演が目立っていますが、ゲストとしてバラエティでもコンスタントに出演しています。

スポーツキャスターに、バラエティ、俳優にと、はたから見れば非常に順風満帆に見えますが、決してそうでもなかったようです。



2002年からNHKのトーク番組『わたしはあきらめない!』のホスト役としてレギュラーをやっていた時、ゲストとして出演した田中美里が「パニック障害を経験した」と告げたとき、自分も1996年以来、同じ病気の経験があり、バッターボックスに立てなかったこと、今も時々悩まされることを告白しました。

やはり、プロ野球同様、芸能界で生き残っていくのも非常にに苦労することなのでしょうね。
【Sponsored Links】